JFK

世の中選挙で騒がしい。が、マスコミが煽る割りに、政策論が中心にならないのは残念な限りだ。
 
J.F.ケネディが大統領就任演説で、
"ask not what your country can do for you – ask what you can do for your country."
と語ったことは有名だ(日本の首相が言っても、無責任の一言で片付けられてしまうかもしれないが)。
国がどのようになり、国民がどのような生活を保証されるかは、全て国民一人一人の責任だということだと思うけど、民主主義の理念を端的に述べていると思う。JFKには光と影の両面があったと言われているけれど、残されている名言・名演説の数々には引き付けられる。
(キング牧師の演説の音声も聞くことができる。お勧め。)
一方、日本では”日本をあきらめない”とかやる気のなくなるようなキャッチフレーズが並んでいるけど、選挙は本当に大切だと思う。そもそも族議員や2世議員、時代錯誤の政治家が蔓延るのは投票率が低く、組織票で決まる選挙が過去から続いて来たからで、ある意味国民一人一人の責任とも言える。もっと、投票率を上げて票読みが容易でない選挙を続けていけば、もっと緊張感が出て、国民を見た政治が行われるようになる筈だ。容易ではないが。
 
イラクでは投票に行くことでテロに合うかもしれないという状況下で、皆命がけで選挙に行った。日本人は余りに鈍感で危機感が無さ過ぎる。一人一人に与えられた権利と義務を再認識すべきだ。自分は過去すべての国政選挙に投票してきたが、今回ももちろん一票を投じるつもりだ。
 
 
今日の夕食:
ジャガイモと鶏肉の炒め煮しょうが醤油風、オニオンとおかかの辛子酢醤油だしサラダ、トマト、トロロご飯、きざみ海苔、トロロ昆布
 
炒め煮は味付けが丁度好みで大満足。サラダも簡単なのにあっさりと美味。星3つ。
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中