筋肉痛

日曜のフットサルの筋肉痛がやっと癒えた。ゴルフや野球と比べてもフットサル後の筋肉痛はキツイ。足腰はそれなりなんだけど、腹筋とか腕なんかが筋肉痛になるのが不思議。
 
筋肉は、筋繊維が束になって筋膜で包まれていて、痛覚は筋膜にあって筋繊維にはない。なので、強い運動で筋繊維が切れた直後は痛くないけど、傷が修復されていくうちに発生した物質が筋膜に到達すると痛みを感じるということらしい。自分的には、筋肉がより強いものとして再生されるときの痛みが筋肉痛と思う事にしているし、嫌いではないんだけど。
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA225.HTML
 
筋肉痛以外に、フットサルでの脂肪の燃焼効果は大きい気がしている。運動後も脂肪が燃焼して、翌朝起きたときには体中の余分なものが燃焼し尽くした爽快感がある。カロリー計算をしてみると、(どのような計算か分からないけど)フットサルのカロリー消費は、デスクワークやゴルフなんかと比べて少ない。
 通勤:240kcal
 デスクワーク(10h):1000kcal
 料理:90kcal
 ゴルフ(4h):1500kcal
 野球(2h):500kcal
 フットサル(2h):900kcal
http://diet.beauty.yahoo.co.jp/calorie/use/
但し、医学的にも、自分たちがやっている5分インターバルのフットサルのような強度の強い(無酸素)運動は運動後の脂肪消費効果が高いらしい。運動の強度が弱い(有酸素)運動では運動中体脂肪を優先的に消費して、逆に、無酸素運動は運動中炭水化物をエネルギー源として消費する事はよく知られているけど、激しい運動では新陳代謝時に生じる熱でより多くカロリーが消費されたり、アドレナリン等の興奮性ホルモンの分泌が、浪費サイクルを更に持続的に促進させたりするので、運動後までトータルで考えると、無酸素運動の方が有酸素運動よりより多く体脂肪を消費するのだそうだ。いずれにせよ、1kgの脂肪を燃焼するには7400kcalも消費しなくてはいけないから、脂肪燃焼には筋肉をつけて基礎代謝を増やす努力も不可欠だな。
http://www.sf-magazine.com/2005/october/fatburining.htm
http://ietore.co.jp/mag2/23.htm
 
蛇足ながら、「フットサル=FUTSAL」とはサッカーを表すfutbol(葡萄牙語)と、室内を表すsala/salao(西班牙/葡萄牙語)を合わせた言葉らしい。
 
今日の夕食:
鶏肉と竹の子の土佐煮、じゃがいもと玉ねぎ・ウィンナーのチーズ炒め、オクラとおかかのポン酢和え、納豆
 
土佐煮、チーズ炒めともにまあ普通の味。ちょっと量が多過ぎた。星2つ。
広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

One Response to 筋肉痛

  1. (´∀`)NoRio より:

    日曜日はお疲れさん。
    腕に筋肉痛が来るのは上体に力が入っているためだと思う。スキーとかもそうなんだろうけど、イメージを表現するには体の力をいかに抜けるかがポイントなんやろな。

    フットサルが2hで900kcalは解せないなあ。8kmを40分間走って6-700kcal。しんどさで言えば2倍くらいはあるんだけどね。おれは、最近グラビアアイドルがフットサルやってるのは、体型を維持させるための事務所の戦略と見てる(^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中