ネズミ捕り@USA

アメリカでの車の運転について調べていると、"スピード違反に要注意"、"10mile/hもオーバーすれば確実に捕まる"とか結構物騒で、捕まった人の体験記なんかも多い。基本的に制限速度自体が高いからストレスは少ないと書かれているものの、移動距離が長いだけにスピードが上げれれば移動時間短縮に効果的だしな。。。
 
もともと、アメリカでは1947年にSバンド(2.455GHz)レーダーが開発・使用されてきたが(廃止)、現在はXバンド(10.525GHz)が悪天候に強かったりするのでメジャー、Kバンド(24.15GHz)は水蒸気に吸収されやすいので近距離・晴天用(第2次世界大戦で使われていたレーダーもKバンドらしい)。Kaバンド(33.4~36.0GHz)は最も最近(1983年)から使われているそうだ。日本でもXバンド(アメリカと同一周波数)・Kバンドでネズミ捕りをやってるし、今もってるレーダー探知機を持っていけばそのまま使えそうだが、輸出物違反で空港で捕まりそう?だな。
http://copradar.com/preview/chapt1/ch1d1.html
 
ちなみに、スピード違反はspeeding。ネズミ捕りはspeed trapと言うらしい。アメリカのスピード違反取り締まり箇所情報が集まっているHPとしては"the Speed Trap Exchange"というところがメジャーみたいだけど、たくさんあり過ぎて参考にならん。
http://www.speedtrap.org/index.html
 
アメリカらしいのは、ヘリコプターでネズミ捕りをやっているということか。ヘリからパトカーに無線が飛んでパトカーが車を捕まえるらしい。逃げても普通にヘリが家までついてくるとか。TVで良くカーチェイスを空撮しているのがあるけど、普段からヘリで取締りをしているからなんだな。日本でカーチェイスの空撮を見たことがないし。
http://wind.ap.teacup.com/applet/sprite/200503/archive
 
覆面パトとしては、マスタング、カプリス、サンダーバードなんかがあるらしいが、そもそもそんな車を知らんし参考にならん。後方からだけでなく、対向車線ですれ違いざまに取り締まる事もあるらしく油断も隙もない。法令順守でやっていくしかないのか。。。
http://www02.so-net.ne.jp/~masato/san-jose.html
 
今日の夕食:
鶏肉とジャガイモのダッカルビ風(残り物)、ツナとポテト・オニオンのチーズ・ガーリック炒め、納豆、キムチ
 
ダッカルビッビ風も、残り物で適当に作ったチーズ・ガーリック炒めも良くないな。手を抜きすぎか。星1つ。
広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中