Flash Video

Flash Video形式へのエンコード方法をまとめ。
 
フリーソフトでのエンコードに用いられていたSorenson H.263は、基本的な技術はMPEG-4ビジュアルと同一らしい。MPEG-4と同様、超低ビットレート向けに開発されたもので、Web上で映像を表示するのには十分という事なんだな。
http://vixy.net/blog/archives/42
http://ja.wikipedia.org/wiki/H.263
http://ja.wikipedia.org/wiki/Flash_Video
 
一方、Flash Professional 8などの有償ソフトのエンコーダとして用いられているOn2 VP62は、MPEG-4の技術をベースにその後継として作られていて、現在メジャーになりつつあるMPEG4-AVC(H.264)やVC-1よりも圧縮率が高いとか。低ビットレートはもちろん、フルハイビジョンでも6~8Mbpsで圧縮できるそうで、中国独自のDVD代替規格のEVDの動画フォーマットとしても採用される見込み。近い将来、ビットレートを上げるだけでハイビジョンの画像配信が実現することになるんだろうな(ユーザー要求が高いとはあまり思えないが)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/On2_VP6
http://blog.8-p.info/articles/2006/05/06/illegal-movie-and-illegal-decoder
http://www.flashbackj.com/sorenson/flashmx/
 
それにしても、Flash videoの普及は凄い。特にYoutubeを始めとする投稿共有型のビデオ配信サービスでは9割以上に採用されているそうだ。これに対峙するべきマイクロソフトのWindowsMedia(WMV)形式はGyaoなどで使われているが、マイクロソフトの動画共有サイト「Soapbox on MSN Video」(日本でのサービスインは未)でも、Flash videoが使われている有様。Flashがここまで普及したのは、他のオブジェクトとの重ね合わせや、スクリプト処理、制御ができるので、多彩なアニメーションなどを自由に活用できたり、既存のWebアプリケーションと連携しやすいメリットがあるからだそうだ。あと、プラグインを特に意識して導入しなくても使えるっていうのも、普及に大きく影響していそうだな。
http://mindclip.blog55.fc2.com/blog-entry-125.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/Flash_Video
 
今日の夕食:
牛肉と春菊の和え物(春雨)、サツマイモのてんぷら、トマト、納豆
 
和え物は牛肉の肉汁にオイスターソースと豆板醤の旨みが加わって美味。てんぷらは弱火でじっくり揚げて、仕上げはカリッと。程よい歯ごたえ。星2つ半。
広告
カテゴリー: コンピュータとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中