さわやか

 この所、湿度が低くて過ごし易い。昨日7月30日の大阪の湿度(15時)は、51%(気温:29℃/21℃),今日は37%(気温:32℃/20℃)で、太平洋高気圧ではなく、大陸性の高気圧の影響が大きいからか?、本当にカリフォルニアのような気候だ。
 
JALのHPで各地の気候を比較できるのだが、大阪とサンフランシスコを比較して驚いた。サンフランシスコは一年を平均して70%程度の湿度(気温18℃)だが、大阪は夏で70%(気温28℃)、冬で60%前後で全般的にサンフランシスコの方が湿度が高い。体感的には圧倒的にサンフランシスコの方が湿度が低く感じるのだが何故なんだろうか。サンフランシスコの方が気温が低いので、飽和水蒸気量を考えたら空気中の絶対的な水分量は確かにサンフランシスコの方が多くなるなるんだろうけど。
http://weather.jal.co.jp/inter/city_sfo.html
 
湿度が低いと過ごし易いが、湿度が低過ぎるのは喉の粘膜がやられるので考えもの。昨年の夏旅行でアリゾナのユマからグランドキャニオンで一泊した時に、風邪もひいていないのに喉が焼けるように痛くなって、かなり凹んだ。ガソリンスタンドに立ち寄る度に喉飴を買って凌いだのだが、砂漠の乾燥は想像以上。因みにラスベガスの夏の湿度は20%程度(気温32℃)。

今日の夕食:
さばの煮付け(小松菜)、かぼちゃのグラッセ、トマト、関東風だし巻き、納豆

 
グラッセはバターで煮付けたかぼちゃにシナモンをふりかけて、デザート的にあっさりと仕上がったがちょっと何かが足りない感じ。だし巻きは買ってきた卵が大量に割れてしまったので作ってみたが、作り方が下手で形が悪い上に、関東風の甘さが今晩のメニューに合わず今一。星1つ半。
カテゴリー: 雑感 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中