選抜研修

上司から、経営幹部候補の研修に選抜されたとの旨を告げられた。
 
合宿や、営業研修、社長への報告会などもあり、非常に厳しい研修らしい。毎研修の前後で課題がでるので、レポート作成のために本を読んでいろんな会社を分析し、(答えのない)解を考え続けなければならない。来月から今年度いっぱい、土日が無くなるとか(汗)。。
 
参考書類を自費で買わせるのが如何にもうちの会社らしいのだが、早速、Amazonで1万近くかけて買ったMBAとか経営分析関連の書物をパラパラと見てみた。自分の過去に全く知識のない分野であることだけは確かで、さすがに焦ってきた。上司の脅しは伊達ではなさそうだ。。。かなり気が重い一方、選抜されること自体かなり名誉なことだそうで、せっかくの機会なので、視野を広げて、新たなキャリアを切り開くいい機会と思って前向きに取り組みたい。
 
 
今日の夕食(1週間分):
生ジャケのオイル焼き鍋(ホタテ、ズッキーニ、パプリカ、エリンギ)、納豆
オイル焼き鍋は、具材をオリーブオイルで炒めて、ポン酢しょうゆをかけるだけという簡単なものだが、野菜の旨味だけでグー。星2つ半。
 
茸の豚肉巻き(エリンギ、しめじ、えのき茸)、ツナとオニオンのマヨサラダ、納豆
肉巻きはちょっと味が薄めだったがまずまずのでき。星2つ。
 
鶏肉のチンジャオロース風(ピーマン)、ジャガイモのわさびマヨあえ(焼き海苔)、納豆
チンジャオロース風は普通に美味。マヨ和えは、限界まで細切りした生のじゃがいもを和えたのだが、意外につるつるとした食感で楽しめた。星2つ半。
 
鶏肉のポン酢煮(さやインゲン、しめじ、えのき茸)、チンゲン菜の生姜炒め、納豆
鶏肉にしっかり焼き色をつけた後、じっくり煮込んだポン酢煮はそのまんまの味。生姜炒めもまずまず。星2つ。
カテゴリー: 雑感 | コメントをどうぞ

ファン

W杯の決勝が楽しみなのだが、オランダ代表にはファンが多く付いている。ファン・デル・ヴィール、ファン・ブロンクホルスト、ファン・ボメル、ファン・デル・ファールト、ファン・ペルシ、ファン・マルバイク。。。
 
調べてみると、ファン(van)は、英語で言うとofに当たる前置詞で、van***という名字は、「***出身の」とか、「***に住んでいる」とかの意味だそうだ。ド(フランス)、ドン(スペイン)、フォン(ドイツ)も同様の意味とのことだが、オランダ以外では、領主階級(貴族)出身を意味するようだ。
http://www.minpaku.ac.jp/staff/kikusawa/rangogaku06.html
今日の夕食(1週間分):
鶏肉とアスパラのトマトスープ、オクラのおかかポン酢あえ、納豆
スープは洋食としては珍しく納得の味。星2つ半。
 
鶏肉の生姜炒め、ツナとオニオンのマヨサラダ、納豆
しょうが炒めは、にんにくと生姜の風味に味噌とオイスターソースの味付けが効いて、想像より美味。わずかに味が濃かったのがマイナスで、星2つ。
 
カツオのたたき、ソーセージと野菜のスープ(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、エリンギ)、納豆
スープは、コンソメと塩・こしょうの簡単な味付けだが、最後に加えたバターが効いたのか、想像以上に美味で満足。星3つ。
 
ジャーマンポテト(ソーセージ、玉ねぎ)、枝豆、納豆
塩・コショウで炒めて、マスタードを絡めただけの簡単調理のジャーマンポテトだが、意外に満足の出来。枝豆も塩加減が良くお酒のあてに最高。星2つ半。
カテゴリー: 雑感 | コメントをどうぞ

オシムの言葉@W杯

●オランダについて抽選日に
「もしかしたら今回こそが優勝を成し遂げる大会かもしれない。予選ではしっかりとしたチームを作り上げ、どんな相手に対しても勝てるように仕上げた。以前のような攻撃力は鳴りをひそめたかもしれないが、中盤に関しては参加国中最も良いと言えるだろう。」

●日本代表にてついて
「(日本代表の選手は)まず自分たちを信じることだ。選手にとって、W杯とは自分がどこまで世界のレベルに達したかと示す場でもある。また、今後のサッカーが歩む道が、どの方向に向かっていくかも分かるだろう。日本サッカーが進むべき道を示す大会になるかもしれない。それは代表だけでなく、クラブにとっても同じで、選手や監督、メディアの発展につながるだろう。」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/10southafrica/text/200912050004-spnavi.html
http://www.youtube.com/watch?v=CP38CVu_VS0

●カメルーン戦回顧
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201006150004-spnavi

●オランダ戦回顧
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201006200001-spnavi

●デンマーク戦回顧
「次の相手はイタリアではなく、パラグアイだ。タフなチームだが、日本をなめて
かかってきたら、勝機はある。PK戦にもつれ込むのではないかという気もする
(たんなる直感だ)が、そうなったらわたしは最後まで見ない(笑)」
http://info.osimnodengon.com/?eid=106

●パラグアイ戦回顧
「日本代表はもっと勇敢に戦うべきだった。シュテータ(残念だ)」
http://info.osimnodengon.com/?eid=113#sequel

今日の夕食:(一週間分)
豚肉の生姜焼き(キャベツ)、もやしのとん平焼き風卵、納豆、辛子明太子
生姜焼きはいつもの出来。とんぺい焼きは、もやしの分量に対して卵の分量が少なくてちょっと物足りない感じ。星2つ。

今日の夕食:
豚肉と野菜のにんにく炒め(キャベツ、ピーマン、にんじん)、もやしとワカメの和え物、納豆
にんにく炒めはまずまず。和え物も可もなく不可もなく。星2つ。

今日の夕食:
鮭の南蛮漬け(にんじん、玉ねぎ、ピーマン)、ピーマンとエノキのスクランブルエッグ、納豆
南蛮漬けは、鮭が油がのっていて焼き具合も最高で想像以上に美味。星2つ半。

今日の夕食:
さばの味噌煮(ナス、ネギ)、ナスのレンジ蒸し、納豆
両方共電子レンジを使った手抜きレシピ。が、意外にいい感じ。星2つ半。

カテゴリー: フットサル | コメントをどうぞ

アクセス解析

Windows Live Spaceがいつの間にかアップデートされていて、ブログのアクセス履歴が表示されなくなった。たまに覗く程度であったが、自分の描いた記事で、頻繁にアクセスされる記事が分かったりして面白いし、ある意味励みにもなっていた。ググって見ると、この改悪を機にブログサイトの乗り換えを検討している人が続出しているようだ。

この改悪の理由ははっきりしないが、Microsoft本社的には今後office.orgなんか中心の ビジネス利用をメインに展開しようと考えていて、ブログサービスなんかは縮小、将来的には廃止の方向に持ってくことに方針決めたんじゃないかいう噂もある。

試しに忍者ツールというアクセス解析ツールを使ってみた。ブログにHTMLモジュールを追加し、そこにツールのソースコードをコピーすることでアクセス解析が可能になるとのこと。一応、トップページに追加したのだが、基本ブログの記事は検索HPから直接個々の記事にアクセスされることがほとんどなので、トップページへのアクセスは全然ないようだ。だからといって、記事一つ一つにツールを適用することはできない?ので、実際どの記事がアクセスされたのか全く不明。もしかしたらやり方があるかもしれないので、もうチョットだけ調べてみるつもりだが、いずれにせよ面倒だし、酷い改悪だ。
http://fukusyuunyuu.com/hp/ninjya.htm
http://start.blog.shinobi.jp/Entry/118/
http://boootank.spaces.live.com/blog/cns!D048A7DE70B91D9F!628.entry

今日の夕食(1週間分):
牛スペアリブカレー(にんじん、じゃがいも、ナス、レンコン、玉ねぎ)
肉がやっぱりうまい。まあ、普通のでき。星2つ。

鶏肉とナスの味噌炒め(えのき茸、ピーマン、トマト)、納豆、辛子明太子
味噌炒めは予想通りの出来。星2つ。

豚肉ときのこの梅肉味風(エノキ、しいたけ、しめじ)、納豆、辛子明太子
梅肉味風は、すっきり爽やかな味わいで、夏にイイ。予想以上で星2つ半。

魚缶のさっと炒め(ピーマン、シイタケ、しめじ、えのき茸)、きのこの生姜煮(シイタケ、しめじ、えのき茸)、納豆、辛子明太子
さっと炒めは、魚缶の汁だけでの味付けだったのだが、なにか物足りない感じ。生姜煮はまずまず。星2つ。

カテゴリー: コンピューターとインターネット | コメントをどうぞ

ヤフードーム

ヤフードームについて。外観はシルバーなのだと勝手に思っていたのだが、メタリックブラウンでなかなか落ち着いた渋みがあって好印象。立地としては、福岡市地下鉄空港線 唐人町駅から徒歩約10分以上で、ちょっと遠い印象。ただ、ドーム敷地内に約1,700台収容の駐車場あり、隣接するホークスタウンの駐車場も合わせると、結構車での来場は楽かもしれない。百地のI.C.もすぐそばにあるし。
 
中に入ると、 両翼:100m、中堅:122mのグラウンドに対して、外野フェンスが高く感じたが、実際、12球団の本拠地中最大となる外野フェンスの高さで、本塁打の出にくい球場らしく、日本のグリーン・モンスターとも呼ばれているらしい。まあ2試合で3本の本塁打を見ることになったのだが。フットボール場を兼用する球場としたために、フェンスが高いらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0
 
座席で目立つのは、コカコーラ・シートというフィールドシートで、1万~1万2千円。ファウルグラウンドが異常に狭い。終了後、今日のヒーローとの握手とハイタッチ、握手が出来たりと特典も良いせいか、チケット発売と同時に売切れてしまうことがほとんどらしい。
 
あと、スーパーボックスという個室が数多くあった。主に法人利用向けで基本的に年間契約で価格帯は年900万円~1900万円らしいが、一般にも売り出されていて、デラックスルーム(16名まで)と8人部屋の前者が一室8万円。後者が平日5万円(休日7万円)で食事付き。バックネットを見おろすロケーションで、応援の一体感もないし、選手からの距離も遠いので、やはりコカコーラ・シートの方がコストパフォーマンスは高いな。応援の仕方も、独特のものが会った興味深かった。ビジター側にいたせいか、想像して以上にホークス側の応援はあっさりしていた印象であったが。
 
今日の夕食:
鶏肉のめんつゆ一味(キャベツ)、オクラのオカカポン酢会え、冷奴、納豆、辛子明太子
最近、めんつゆを使った献立を作っているが、ハズレが少ない。もちろん、大量の化学調味料が入っているからだろうが侮れない。星2つ半。
カテゴリー: 野球 | コメントをどうぞ

博多と福岡

初めて知ったのが、福岡と博多の違い。博多と福岡は、那珂川を挟んで江戸時代まで全く別の町で、博多は古くは、魏志倭人伝に出てくる奴国で、大和朝廷以前からあった町(商人の町)。一方の福岡は、関ヶ原合戦後、黒田長政つくった町(武士の町)という明確な区切りがあること。
 
非居住者に分からない、地元の人の地名へのこだわりというのは良くあるらしく、例えば、長野県の形成過程で、元は筑摩県の県庁所在地であった松本の地位を長野が奪ったことによる対立感情から,長野県内では、長野よりも信濃・信州という呼称の方が好まれる傾向にある(因みに信州と信濃はほぼどう意味。長野は信州に対して木曽の一部が岐阜に編入されている点が異なる)。
http://uub.jp/arc/arc.cgi?N=303
 
後、夜になるとマイカーに比べてタクシー比率が非常に高い印象を持ったが、運転手曰く、全国一タクシー密度が高いという。市街地自体が小さく、タクシーでリーゾナブルな値段で帰宅できるのだと、地元民の知人が言っていたが本当だろうか。運転の荒さにも定評があるとか。。。
http://www.motomichi.net/2009/03/1848.html
 
ついでに親富孝通りというものも教えてもらった。予備校生が多くこの通りを通っていたことから、"親不孝通り"と呼ばれたことが由来だそうだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E5%AF%8C%E5%AD%9D%E9%80%9A%E3%82%8A
 
今日の夕食:
鶏肉とネギのさっぱり煮込み(えのき茸、しいたけ)、豆腐とツナなめこあん(ネギ)、納豆、辛子明太子
さっぱり煮込みは、さっぱりしすぎてちょっと物足りない感じ。なめこあんは思ったより水っぽくて残念。星1つ半。
カテゴリー: 雑感 | コメントをどうぞ

福岡弾丸紀行(2)

先輩の知人の地元人に案内されて、ご当地料理を食べに、夜の9時過ぎから店を一気にはしごしたが、何処も美味しくて大満足。
 
・長浜ラーメン「元祖長浜屋」
http://www.ramenkyushu.com/cgi-bin/search.cgi?no=49
長浜ラーメンとは、福岡市中央区長浜の店舗や屋台のラーメンを指して言うものだそうだ(車でないと不便な場所らしい)。極細麺で、スープがコッテリでなくて、あっさりなのが意外だった。ごまと生姜が非常にアクセントになるのは新たな発見。一杯400円で、替え玉100円は安い(これでも最近かなり高価格化したらしく、20年近く前では、200円に対して替え玉50円だったらしい)。
 
・ラーソーメン「ふとっぱら」
長浜ラーメンの極細麺を使ったソーメン。麺の味があって爽やかさに旨みがプラスされる。これはウマイ。癖になる。今度作ってみよう。
http://www.futoppara.net/menu/rasoumen.html
 
・中洲・明治生命付近の屋台(店名?)
豚バラ串は、絶妙の塩加減と焼き具合で肉厚のバラ肉の旨味と柔らかさを実現していて美味。ホルモンのどて焼きも、酒のあてに最高。癖になる食感と旨み。
那珂川沿いの屋台については、最近観光化されて、全般的に値段が高くなってるので、地元民はあまり行かないらしい。地元民はそれぞれに行きつけの好みの屋台があるそうだ。
・居酒屋(中洲・店名?)
まだ、動いている新鮮で透明なヤリイカの刺身と、その残り身の天ぷら。そして、鯖の刺身が感動的だった。遅い時間に行くと売り切れている所が多かった。やはり玄界灘に面して新鮮な魚が手に入る博多はイイ!あと、食べに行けなかったのだが、鳥も水炊きも最高らしい(それだけで腹が膨れてハシゴ出来ないからということで。。)。
 
知人の案内で、博多グルメを満喫できただけでなく、市街を見下ろせる油山の展望台や、古くから博多の氏神として信仰を集める櫛田神社(山笠がが一年中展示されているはずが、ちょうど化粧直し中で見れなかったのが残念)に連れていってもらえたりして、想像以上に楽しくていい思い出ができた。挑戦してよかった。
 
今日の夕食:
たこ天、ツナと野菜のスープ(玉ねぎ、トマト、キャベツ)、納豆、辛子明太子
たこ天は定番ながら美味。洋風のスープはいつも今一なことが多いのだが、ツナの旨みが染み渡って、久しぶりのヒット。星3つ。
カテゴリー: 旅行 | コメントをどうぞ

福岡弾丸紀行(1)

一泊三日の弾丸で、福岡の交流戦観戦へ行ってきた。
 
福岡に行くのは初めてで、行き帰りとも一人での運転で心配だったが大したことはなく、まだ若いのだと安心した(汗)。距離にして片道約630km。行き6時半発、現地4時着で約9時間半(10kmの渋滞、昼食休憩等含む)。帰りは6時発、6時半着で10時間半(夕食休憩、2時間半の仮眠込み)。
 
行きは、渋滞があったのと多少急いだ(メーター読みで110km/h程度平均)ことで、燃費は15.0km/l。帰りは、夜間だったこともあり、ゆっくり目(同100km/h程度平均)で、エアコンを下り坂のエンジンブレーキのみに使って走って19.3km/l。自分の中で過去最高だった、18.4km/lを上回る最高燃費を叩き出した。10.15燃費が12.0km/lの9年選手の車で、4人と荷物を満載していたことを思うと大健闘。エンジン回転数が、110kmで3000回転を下回るぐらいだったが、CVTや5速ATだったら、軽く20km/hを超えていただろうし、標準に設定していた空気圧を上げるだけで良かったかも。山陽道はアップダウンをひたすら繰り返すので、追い抜きやエアコンオンのタイミングを調整しやすかった。
 
肝心の試合は2連敗であったが、九州在住の先輩の知人に手配してもらった1日目の内野S席からの間近に見た、バッテリーの対戦の迫力は過去見たなかで最も良くて、バットを振るのも、止めるのも全身の筋肉をギリギリまで使っていることが良く分かった(特に外人選手とか、小笠原。下位打線の振りと全く違う)。2日目の外野ビジター応援席も、最前列で最高のロケーションだった。チケットは、地元の知人が人脈で入手できたもので、ありがたかった。
 
今日の夕食:
ぶりの照り焼き(ねぎ、玉ねぎ)、和風炒り卵(ねぎ、乾燥わかめ)、納豆、辛子明太子
照り焼きはブリ自体の下味のつけ方が足りなくて、ちょっと物足りない感じ。炒り卵はわかめ馬見と食感が効いて美味。星2つ。
カテゴリー: 旅行 | コメントをどうぞ

一時変更

自動車保険の運転者の条件を一時的に変更することは可能なのだろうか。調べてみると、普通に変更できるらしい。但し、一日単位での変更は出来ず、その時から満期日(最大1ヶ月)までの変更になるようだ。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5541252.html
 
カスタマーセンターに電話して相談すれば、詳細は分かるんだろうが、ネットからでは流石にいくら余分にかかるという情報は分からない(契約内容が複雑なため)。まあ、ほとんど自分で運転する事になるだろう。外車でウィンカーが逆だったり、ブレーキペダルを踏もうとすると、靴のつま先が引っかかって踏みにくかったりと、初めての人には危険で勧めにくいし。
 
今の自動車を買い換えるまでは保険は変えないつもりだが、上司で妙に保険に詳しい人に言わせると、今の会社で入っている団体割引が効く保険は、特に等級の高いドライバーには割高らしい。保険会社によっては、非常に細かな制約を加えることで、かなりお得になるということなのだが、ややこしすぎて、その時になるまで調べる気すら起こらないな。
 
今日の夕食:
鶏の照り焼き(ピーマン、玉ねぎ、エノキ)、エノキの生姜煮、納豆
照り焼きはめんつゆを使った簡単調理ながら、焼き具合が最高で大満足。生姜煮も旨みがしっかり出て美味。星3つ。
カテゴリー: | コメントをどうぞ

憂鬱

今週末、一泊二日の福岡強行ツアーに参加しなくてはならない。自分の車で3人を連れていかなければならないので気が重い。片道10時間近くかかるだろうか。同乗者は呑気なもので、金曜の夜に出発し、帰りは日曜の夜に福岡発なんていうプランを提示してきたのだが、行き帰りとも徹夜運転は無理と突っぱね、一応土曜朝出発と言うプランに落ち着きそうだ。いずれにせよ、月曜は年休取得必須だ。
 
念のために保険を確認したところ、35歳以上の被保険者とその配偶者のみが保証対象ということなので、他の人に運転を変わってもらうのにはリスクが有る。久々に保険の内容を確認したのだが、かなり限定入れて安くしたつもりで年間3万5千円程度しており、10年で40万近く払うことになる。幸い無事故無違反で過ごせているのでいるのだが、知らず知らずのうちに保険屋にそれなりの貢献しているのだな。
今日の夕食:
鶏肉のコッテリ煮(もやし、ほうれん草、えのき茸)、ピーマンの塩もみ海苔和え、納豆
コッテリ煮は、はちみつを加えた味醂醤油でじっくり煮込んだだけあって、想像以上に旨みが肉に染み入って美味。想定外の良い出来。星3つ。
カテゴリー: 雑感 | コメントをどうぞ